名古屋の食肉総合卸 安全・安心・誠実の株式会社三河屋精肉商会

会社案内
Company Profile

代表挨拶

弊社は昭和22年の創業並びに昭和27年の法人化以来中部圏を中心に長年食肉卸業及び小売販売業の両部門で高い信頼を得てまいりました。
特に業務の95%を占める卸部門では、お客様のニーズを的確に把握し、おいしさ、安全は勿論のこと、三河屋ならではの熟練の高い技術力と、豊富な品揃えを活かした質の高いサービスを、お届けしております。
一方、小売部門では工場直売の新鮮な品質で食卓にお届けできるよう細心の注意を払っております。毎日その日のお肉がどこの産地か皆様にお知らせをし、安心のルートでお肉を召し上がっていただけます。
お肉の卸問屋三河屋ならではの、新鮮で良質・お値打ち価格・安心ルートのお肉を是非一度お召し上がりください。

代表取締役社長 大橋 猛

企業理念

安全・安心なお肉の販売を通じて、人との繋がりを強くし、心と体が充実し幸せと感じる生活の実現に貢献します。安全・安心なお肉の販売を通じて、人との繋がりを強くし、心と体が充実し幸せと感じる生活の実現に貢献します。

経営方針

第一にお客様をはじめとするステークホルダーの方々にお役に立てるよう常にチャレンジ精神旺盛で「気づく、ひらめく、考える、行動し、創造し続ける」よう努力します。

従業員の一人一人の人格を尊重し安心しながら仕事に従事でき、社内の秩序を保ちつつ企業にとって健全な事業を遂行できるよう心をくばります。

会社概要

社名 株式会社三河屋精肉商会
代表者 代表取締役社長 大橋 猛
本社所在地 〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町2305
アクセスはこちら
TEL. 052-351-6541 FAX. 052-361-7293
資本金 8,000万円
営業品目 国産牛肉、国産豚肉、国産鶏肉、ハム・ソーセージ・焼豚・ハンバーグ・コロッケ・その他加工食品、輸入牛肉、輸入豚肉、輸入鶏肉、馬肉、マトン、ラム等、食肉関係全般
創業 1947年 昭和22年12月
設立 1961年 昭和36年12月19日
従業員数 25名(平成29年9月現在)
役員 代表取締役 大橋 猛
代表取締役 鈴木 洋
取引銀行 三菱UFJ銀行、百五銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
加盟組合等 全国食肉事業協同組合連合会、名古屋食肉市場買参事業協同組合、愛知県食肉生活衛生同業組合、愛知県食肉公正取引協議会、名古屋食肉事業協同組合、名古屋食肉三水会協同組合、松阪肉牛協会、全日本司厨士協会賛助会員 、中部氷彫会賛助会員、日本中国料理協会賛助会員 等
設備一覧 冷凍スライサー、冷蔵スライサー、ミートチョッパー、バンドソー、大型真空包装機、シュリンカー、金属探知機、計量シール発行機、高圧スチーム洗浄機、テンダーライザー、包丁殺菌庫

アクセス

沿革

昭和22年(1947年) 名古屋市中区栄四丁目にて創業者である初代社長鈴木光平が食肉小売業を開業
昭和27年(1952年) 合資会社三河屋精肉商会設立(資本金80万円)
昭和36年(1961年) 名古屋市中川区万町にて株式会社三河屋精肉商会設立(資本金1,000万円)
昭和48年(1973年) 本社第一ビルを拡大のため建設
昭和56年(1981年) 本社隣接地に総合卸小売り及び加工場として第二ビルを建設(資本金8,000万円となる)
平成3年(1991年) 代表取締役社長交代
代表取締役社長 鈴木 洋 就任
就任後各店舗を開店、運営する
平成21年(2009年) 衛生設備及び品質の確保を目的に本社改装 最新設備を導入
平成25年(2014年) 代表取締役社長交代
代表取締役社長 大橋 猛 就任
平成26年(2017年) 本社第二ビル お肉のデパート三河屋を改装

左から順に旧栄本店・旧本社・旧第一ビル本社・旧第二ビル

主な取引先

  • ホテル
  • 飲食店
  • レジャー施設
  • 官公庁
  • 学校給食
  • 病院
  • 老人福祉施設
  • 結婚式場
  • 企業社員食堂
  • セントラルシステム会社
  • ケータリング会社
  • 町内会、子ども会等の各団体様
  • 同業小売店 等

環境への取り組み

段ボールや紙の徹底したリサイクルを実現するため紙のリサイクル専門社と直接契約をしています。
このことを皮切りに、ゴミの量を大幅に削減することに成功できました。

社会への取り組み

少人数ですが、学生の職場体験をしています。
子供たちに職場体験をさせ、子どもにコミュニケーションの大切さ、社会で求められている人柄などを肌で感じてもらい、 自立心を養っていきます。